歯医者さんでよく聞く、フッ素って?

2022.05.17

 

フッ素を使っていれば虫歯にならないんだよね?

フッ素ってたくさん取ったほうがいいの?

フッ素って取りすぎたら、体に悪いんじゃない?

フッ素って何??

 

 

歯医者さんでよく聞く、フッ素

フッ素とは何か分からない方、いらっしゃると思います。

 

 

歯に使用するフッ素とは、虫歯を予防するためにしています。

フッ素をしていれば、「虫歯にならない」と言うことでは、ありません!!

虫歯の予防効果を目的としています。

 

 

虫歯になりたくないから、たくさん摂ったほうがいいよね?

でも、摂りすぎるのってやっぱよくなかったりするのかな?

と、不安になりますよね。

他の栄養素でも同じですが、どんなに良い効果があっても、とりすぎることは良くありません。

ただ、フッ素入りのハミガキ粉や洗口液を誤って、飲み込んでしまっても人体への危険性は少ないです。

(※飲み込まないように注意はしましょう)

おうちでフッ素入り歯磨き粉で毎日磨いて

歯医者で定期的(3ヶ月に1度程度)に高濃度のフッ素を塗布する

としても、とりすぎにはならず、虫歯予防の効果的な方法になります。

量を多く摂るのではなく、継続的に適量を使用していきましょう。

 

 

フッ素にはppmという単位があります。

フッ素入りの歯磨き粉にはppmが書いてあるの見てみてください!

 

市販で売っている歯磨き粉であれば、

・歯が生えてから2歳 500ppm(切った爪くらいの量)

・3歳から5歳 500ppm(5mmの量)

・6歳から14歳 1000ppm(1mmの量)

・15歳以上 1000~1500ppm (2cmの量)

を適量とします。

 

数が大きいほど強く、子供には使えない場合があるので注意しましょう。

 

 

フッ素は子どもの生え立ての歯に高い効果が得られます。

なので、子どもに使うイメージがありますが、

成人も高齢者も虫歯効果はあるので、フッ素を取り入れましょう!

 

 

 

 

 

※ネット予約はこちらから↓↓

 

 

 

 

 

 

 ↑再診の方       ↑初診の方

 

 

03-6450-8186  ←  電話予約はこちらから

 

小泉デンタルクリニック  当クリニックのHPです

 

 

 

 

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせ

03-6450-8186

診療時間: 10:00~13:00、14:30~18:30(土曜は~16:30)
※水・日・祝は休診となります

WEB予約はこちら