歯ぎしりやくいしばりによる歯のダメージは大きい(><)

2022.05.09

こんにちは^^

スタッフのさとうです

 

「寝ている間、歯ぎしりしているよ」と、言われたことはありませんか?

自分では気づけない方がほとんどですが、他の人が聞くと、かなり大きな音で、ギリギリー、っとしていて心配になってしまうと思います。

歯ぎしりは、「ブラキシズム」ともよばれ、その代表するものです。

 

この「ブラキシズム」が歯にとってたくさん悪い影響をあたえています。

 

☆ブラキシズム☆

①睡眠時ブラキシズム(寝ているとき)

・食いしばり

・歯ぎしり

 

②覚醒時ブラキシズム(日中)

・食いしばり

・その他の習癖

 

◎症状◎

・歯がしみやすく感じる

・起床時に顎が疲れている

・治療で詰めたものが壊れやすい

・歯に亀裂がある

・歯が短くなったり、変形している

・噛む筋肉の異常発達

・舌や粘膜に歯型の痕がある

・下の歯の裏に骨の膨らみがある

 

◎原因◎

・ストレス

・カフェイン

・アルコール

・喫煙

・セロトニン再取り込み阻害薬

・遺伝

※はっきりとした原因は分かっていませんが、これらが関係している可能性が高く、中でも精神的ストレスによる影響が多いです。

 

上と下の歯は、食事や会話のとき以外は、1~3mm程度離れているのが正常です。

しかし、無意識のうちにくっついていたり、強く食いしばっていたりします。

 

◎治療法◎

②覚醒時ブラキシズムは意識して、上下の歯を接触させないことです。

それでも、無意識に食いしばってしまうこともありますよね。

そんな時には、リモコンなどよく目にとめる部分に「歯を離すように」とメモなどを貼り付けておくと効果的です。

 

問題は①睡眠時ブラキシズムです。

寝ているときの歯ぎしりは自覚がないことが多いのに、意識して歯を離して寝る事などは無理です。

なので、歯医者などで、「ナイトガード」と呼ばれるマウスピースを作りましょう。

個人の歯並びにあったナイトガードを作り、使用することで、ブラキシズムの力から歯や周りの粘膜、詰め物などを守ることができます。

 

昔使ってたことがあるけど、苦手、、と、いう方もいらっしゃると思います。

ナイトガードには厚みや柔らかさなども選ぶことができるので、ご自身にあったナイトガードを作製しましょう。

 

当院でもナイトガードを作ることができますので、気になる方はご相談ください。

 

 

※ネット予約はこちらから↓↓

 

 

 

 

 

 

 ↑再診の方       ↑初診の方

 

 

03-6450-8186  ←  電話予約はこちらから

 

小泉デンタルクリニック  当クリニックのHPです

 

 

 

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせ

03-6450-8186

診療時間: 10:00~13:00、14:30~18:30(土曜は~16:30)
※水・日・祝は休診となります

WEB予約はこちら