『フロス』しているだけになっていませんか?

2021.10.11

 

『フロス』しているだけになっていませんか?

 

 

 

 

 

 

歯と歯の間の汚れを落とすために使用する

『フロス』

 

 

お口の中の汚れは、

歯ブラシだけでは完全に落とすことができないのは、ご存知でしょうか?

 

 

歯ブラシは、歯の面や、歯と歯茎の境目の汚れを落とします。

 

しかし、歯と歯の間はどうしても、歯ブラシでは落とすことができません。

 

 

そこで、フロスを使用することが大切です。

 

当院の患者さんも、『フロス』または『歯間ブラシ』を使っている方が増えてきました。

 

 

でも、それをただ使っているから安心、ではありません。

 

正しい使い方や回数でなければ意味がないのです。

 

もう一度、『フロス』の使い方を確認していきましょう!

 

 

 

①回数

 

1日1回は必ず行ってください。

一番効果的なのは、就寝前です。

しかし、人それぞれのライフスタイルがあるので、無理なくできるタイミングをおすすめします。

 

 

②基本操作

 

1)糸の長さは短すぎると、操作がしずらいので、15cm程度が理想です。

 

2)両中指に糸を巻きつけます。

 

3)人差し指の腹で糸をはるように維持します。

 

4)そのまま人差し指だけをお口の中に入れて、歯と歯の間を順番に通していきます。

 

☆ポイント☆

親指と人差し指で糸をつまんでしまいがちですが、奥歯を通そうとすると手が入りきりません。

親指は使わず、人差し指のみで操作することをおすすめします。

 

 

 

③正しいフロスの通し方

 

1)歯と歯の間を通した後、歯に沿わせるように、側面に糸を当てながら挿入します。

 

2)挿入したら、歯茎の中まで糸を入れ込みます。

 

3)歯茎の中で上下左右に動かしてください。(両側面)

 

4)外すときは、上から引っ張るよりも、片方から引き抜くことをおすすめします。

(※被せ物が入っている場合、上から引っ張ると同時に糸が引っかかって、一緒に外れてしまう可能性があります)

 

 

 

 

 

今のフロスの使い方は正しくできていましたか?

 

毎日『フロス』をしている方は増えてきましたが、

それを正しく使えることができている人はほんのわずかです。

 

もう一度、いつもの使い方を見直してみてください(ˆˆ)

 

まずは、1日1回からの習慣をつけましょう~♪

 

 

 

 

※ネット予約はこちらから↓↓

 

 

 

 

 

 

 ↑再診の方       ↑初診の方

 

 

03-6450-8186  ←  電話予約はこちらから

 

小泉デンタルクリニック  当クリニックのHPです

 

 

 

ご予約・お問い合わせ

03-6450-8186

診療時間: 10:00~13:00、14:30~18:30(土曜は~16:30)
※水・日・祝は休診となります

WEB予約はこちら