お口の臭い、、それは病気かも!?

2022.01.18

こんにちは!

最近もコロナの話題は続き、まだまだマスク生活も続きそうですね(><)

マスクをしていると、ご自身でも、お口の臭いが気になる方も多いと思います。

 

お口の臭いは、ニンニクやねぎなど、においのある物を食べた後や、唾液の減っている起床時が多いです。

臭いを感じても、お口のケアをしっかりしていれば、一時的なもので、臭いはなくなります。

これは、みなさんに起こることなので、問題なことではありません。

 

しかし!

「お口の清掃しているのに、ずっと臭いが残っている気がする。。」

それは、お口の中の病気が原因で臭っているのかもしれません!

 

 

口臭には、

①仮性口臭症

口臭恐怖症

③真性口臭症

と、あります。

 

①仮性口臭症は、ご本人が感じているだけで、実際には口臭はしていません。

②口臭恐怖症は、口臭は無いと診断されても、口臭があると思い込んでしまうことです。

①仮性口臭症と②口臭恐怖症は、お口の病気はありません。

 

しかし、真性口臭症 は、

社会的に臭いの限度を超えているものを指します。

 

その中でも、

口腔の病気が原因なもの

全身の病気が原因なもの

が、あり、病気が原因で口臭になっているので、治療の必要があります

 

この中でも、口腔の病気が原因であることが多いです。

 

口腔の病気とは、、

歯周病

の、原因が高いです。

 

原因は腐った臭いをもたらす「揮発性硫化物」というものです。

 

【揮発性硫化物】

ジメチルサルファイド…磯のにおいのような腐った臭い

硫化水素…卵の腐った臭い

メチルメルカプタン…野菜の腐った臭い

これらは、細菌が発生させています。

 

歯周ポケットの中の細菌歯ブラシでは取り除くことができません

長い時間、細菌が溜まっていると細菌が発酵して、腐った臭いを放ちます。

さらに歯周病が進み、膿が溜まると強い臭いの原因となるのです。

 

歯周病の治療をすることで、口臭を抑制します

 

早めの治療が大切です。

歯周病以外にも、歯の汚れ舌の汚れなど、口腔内に原因がある可能性が高いので、気になったら、歯医者を受診しましょう。

 

お口の病気をなくすことで、お口の嫌な臭いもなくなり、ご自身も、周りの方も快適になりますね。

 

お口元に自信を持って、たくさん笑って、

コロナに負けずに、楽しくいきましょうーーー(^^)

 

 

 

※ネット予約はこちらから↓↓

 

 

 

 

 

 

 ↑再診の方       ↑初診の方

 

 

03-6450-8186  ←  電話予約はこちらから

 

小泉デンタルクリニック  当クリニックのHPです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせ

03-6450-8186

診療時間: 10:00~13:00、14:30~18:30(土曜は~16:30)
※水・日・祝は休診となります

WEB予約はこちら