CO2ガスレーザーについて

高い医療技術の提供を行うべく、当院では炭酸ガスレーザーを導入致しました。
レーザーで治療することで、通常の治療に比べて「痛みが少なく」「短期間で」「回復が早く」治療することができます。
レーザー治療は、光のエネルギーを生体の表面で熱に変え、悪い所を除去し、周りの健康な組織に影響をおよぼしにくい安全なものです。
さらに、出血も少なく、痛みを和らげたり、腫れをおさえキズの治りを早くする効果もあります。

CO2ガスレーザー

CO2ガスレーザー

今年に入って、当クリニックに新しい設備を導入いたしました!!
その名も、「CO2ガスレーザー」!!
何となくカッコいいネーミングなのですが、機能も素晴らしいのです。今回は、このCO2ガスレーザーについて、お話いたします。レーザーを併用することで治療により、炎症の治癒促進や処置後の感染予防などにも効果を発揮できてよりよいプラスの効果が期待出来ます。また、他にもさまざまな治療に活用でき、これによって無痛治療の可能性が大きく広がっています。

CO2ガスレーザーとは何か??

歯科の領域では、古くからレーザーを治療に用いてきました。様々な種類のレーザーがあり、CO2ガスレーザーは、その一つになります。
名前の通り、CO2ガス=炭酸ガス を使用したレーザーになります。
簡単に言うと、炭酸ガスの分子を振動させエネルギーを作り、レーザーとして利用します。
某百科事典・ウィキ○ディアでは、基本原理はアインシュタイン博士が発表したそうです。知りませんでした。

どんな治療に使いますか??

CO2ガスレーザーは、基本的に歯ではなく、歯ぐきや舌などの粘膜に使用します。どんな時に使うのか??

01 口内炎
02 歯ぐきが腫れてしまった時
03 入れ歯で歯ぐきが傷ついてしまった時
04 抜歯をする時
05 インプラントの手術 ・・・などなど

レーザーは、歯ぐきを熱で焼いていくことが出来ます。ただ焼くだけでは無く、レーザーのエネルギーが周りを活性化して、傷の治癒を早くします。したがって、レーザーを当てた場合は、当てなかった時に比べ、出血も少なく治りも早くなります。 また、応用編として、冷たいものが凍みる知覚過敏の部分にレーザーを当てることで、凍みるのが緩和されたり、顎関節症の部分の痛みを弱めたりします。

まとめ

過去のCO2ガスレーザーに比べ、今回導入した機器は非常に進歩しています。大きさもコンパクトで、軽く、何より性能がかなり上昇しています。CO2ガスレーザーによって、外科的な治療をした後の患者さんの負担は少なくなると思います。
当クリニックに来院されたときは、是非実物をご覧になって下さい!!
ちなみに、当クリニックのレーザーは株式会社GCというメーカー製です。
GCさん、レーザーのキャラクターにメイプル超合金のカズレーザーさんを起用しています。

ご予約・お問い合わせ

03-6450-8186

診療時間: 10:00~13:00、14:30~18:30(土曜は~16:30)
※水・日・祝は休診となります

WEB予約はこちら