歯磨きだけで満足していませんか?

2021.12.16

 

 

今年もあと2週間となりました。

 

2021年もあっという間。

 

 

みなさん、歯医者さんでのクリーニングはしていますか?

 

 

ご自信で歯磨きがしっかりできている方でも、

歯ブラシでは届かない部分の汚れは、落としきれないのが現状です。

 

歯ブラシで落とすことのできる部分は、歯と歯茎の間2~3mm程度です。

 

それ以上深い部分は、どうしても、磨き残しが出てしまいます。

 

その汚れを放置した状態が続くと、

どんどん歯と歯茎の間に汚れがたまっていき、歯茎が下がる原因になります。

 

歯ブラシでは届かない部分の汚れを落としていくことが、歯医者さんでのクリーニングです。

だいたい、3ヶ月くらいで、歯ブラシだけで汚れを落とすことに効果がなくなります。

 

なので、3ヶ月以上空いてしまうと、歯周病を進行させてしまう原因にもなります。

定期的な歯のメンテナンスの大切さは、それだけではありません。

 

今回は、メンテナンスの重要性についてお話します。

 

 

 

①むし歯の早期発見、治療

 

むし歯は痛みがでる前の段階で見つけることが重要です。

早い段階で発見ができれば、1回の治療で終えることができ、料金の負担も少なくなります。

 

 

②歯周病の予防

 

歯周病は、自覚症状がなく、知らない間に進行してしまいます。

定期検診では必ず、歯周病の検査を行うので、今の状況を知っておくことが大切です。

また、クリーニングは歯周病の原因である菌を除去することができるので、予防になります。

 

③セルフケアの見直し、確認

 

歯の磨き方や、歯ブラシ、そのほかの用具、自分に合ったものが使えているのか、

時間がたつと忘れてしまったり、意識が薄れてきたりします。

そんなときに、歯医者さんで確認することで、もう一度歯の磨き方を見直すことができます。

 

また、自分では見えない、自覚していない部分の磨き残しを知ることも大切です。

 

 

④歯周ポケット内のクリーニング

 

歯ブラシだけでは、歯と歯茎の間2~3mmしか届かないとお話しました。

より、そのすき間の汚れをきれいにし、

それ以上の深い部分に入り込んでいる汚れを落としていくには、

歯医者さんで専用の機械を使って除去する必要があります。

 

歯周病が進行する原因は、歯周ポケットの中に汚れが入り込んでいる状態が続くことなので、

定期的にお掃除をしていくことで、進行を止めることができます。

 

 

 

歯医者さんでは、治療のイメージが多い方もいると思いますが、実は、予防が一番大切です。

それが、定期検診を行うことで、予防ができるのです!

 

今年はもう終わってしまいますが、定期検診は、いつからでも始められますˆˆ

虫歯や汚れのない、スッキリとした気持ちで来年を向かえたいですね♪

 

 

 

 

 

※ネット予約はこちらから↓↓

 

 

 

 

 

 

 ↑再診の方       ↑初診の方

 

 

03-6450-8186  ←  電話予約はこちらから

 

小泉デンタルクリニック  当クリニックのHPです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせ

03-6450-8186

診療時間: 10:00~13:00、14:30~18:30(土曜は~16:30)
※水・日・祝は休診となります

WEB予約はこちら